--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jamさんへ

こんばんは^^

遠軽駅の歴史を解りやすく書いていただき
ありがとうございます。

職場にも、出版社や一般の方々など、
色々な問い合わせが頻繁に来てますよ。

本当に、貴重な地域の資源でもありますね。
どうか末永く・・・祈ります(動きます)。

12

16

21:13

jam

こんにちは

駅舎がありましたので ついコメントを(笑)

数少なくなっている木造駅舎、NHKの木造駅舎の旅番組でも紹介されていました遠軽駅
この国鉄時代の北海道に特有の三角の屋根、跨線橋、奥に残る転車台跡、それに願望岩から望むとわかる機関車の車庫・扇形庫跡 いまや希少なスイッチバック式の線路・・・大変貴重な貴重な、鉄道遺産なのであります
かつて遠軽機関区としての威勢がまだ残っております
かにめし、私の友達にもずいぶんとファンがいます
駅弁はファンには重要な「旅をした」という思い出が鮮烈に残るものですし、これを目当てに各地から来る人もいるぐらいですからね、 
是非 駅舎ともども長く残っていてほしいです~

12

16

09:19

辻本さんへ

おかむらさんへ訪ねて、美味しい裏話まで聞いちゃいました(^_-)
ご苦労されて、繋いでくれていることに感謝感謝です。。。

さてさて、ご丁寧に作り方の伝授、ありがとうございます。
これは、本当に作って、山田の母さんへプレゼントですね^^d

それから、金曜日の網走の件、木曜日に電話しま~す!

12

15

23:08

辻本

私も大好きなカニ飯です。
同じように作ろうと研究したことを思い出しました。カニは、ほぐして酒とお砂糖を加えてテフロンのフライパンでから煎りします。玉子は、茹でて白身と黄色身にを分けて裏ごしをし、白身と黄色身をボールに入れて泡立て器でぽろぽろとなるように混ぜ合わせます。後は、すし飯を作って味付けをしたカニとぽろぽろの玉子を乗せて出来上がりです。
ニョッキさん、お試しください。

12

14

23:56

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1766-15fa5ba5

12

13

コメント

JR遠軽駅 『かにめし』

自分が子供の頃から慣れ親しんできた味だから、
もう何十年続いているのか???

数年前、閉店の話を聞き、とても残念だったが、
いつの間にか復活していた、JR遠軽駅名物の駅弁「かにめし」。

その主原料である、良質な「ズワイ」や「タラバ」などのカニが
近場から入手しにくくなっていることや、

駅弁と呼びながら、JR利用者の減少により、マイカーで工場へ買い求めに来る
お客様の方が多い日が有ったり、続けることが非常に困難な中、

日夜、お客様に喜んで頂けるように頑張って下さっています。
昔となんら変わらないホッとする素朴な味わい。

長い間多くのみなさまに親しまれている、貴重(少)な遠軽の味として、
末永く続いて欲しいものです・・・。


駅舎の内部は変わったけど、外観は昔のまま。
JR遠軽駅&かにめし 011JR遠軽駅&かにめし 008
汽車通(学)・・・乗り遅れまいと、階段を駆け上がったり駆け下りたり・・・。
JR遠軽駅&かにめし 002JR遠軽駅&かにめし 005
ここのそばやうどんもよく頂きました!近々何十年か振りに行ってみたいと思います(^_-)y
JR遠軽駅&かにめし 004JR遠軽駅&かにめし 003
関連記事
スポンサーサイト

jamさんへ

こんばんは^^

遠軽駅の歴史を解りやすく書いていただき
ありがとうございます。

職場にも、出版社や一般の方々など、
色々な問い合わせが頻繁に来てますよ。

本当に、貴重な地域の資源でもありますね。
どうか末永く・・・祈ります(動きます)。

12

16

21:13

jam

こんにちは

駅舎がありましたので ついコメントを(笑)

数少なくなっている木造駅舎、NHKの木造駅舎の旅番組でも紹介されていました遠軽駅
この国鉄時代の北海道に特有の三角の屋根、跨線橋、奥に残る転車台跡、それに願望岩から望むとわかる機関車の車庫・扇形庫跡 いまや希少なスイッチバック式の線路・・・大変貴重な貴重な、鉄道遺産なのであります
かつて遠軽機関区としての威勢がまだ残っております
かにめし、私の友達にもずいぶんとファンがいます
駅弁はファンには重要な「旅をした」という思い出が鮮烈に残るものですし、これを目当てに各地から来る人もいるぐらいですからね、 
是非 駅舎ともども長く残っていてほしいです~

12

16

09:19

辻本さんへ

おかむらさんへ訪ねて、美味しい裏話まで聞いちゃいました(^_-)
ご苦労されて、繋いでくれていることに感謝感謝です。。。

さてさて、ご丁寧に作り方の伝授、ありがとうございます。
これは、本当に作って、山田の母さんへプレゼントですね^^d

それから、金曜日の網走の件、木曜日に電話しま~す!

12

15

23:08

辻本

私も大好きなカニ飯です。
同じように作ろうと研究したことを思い出しました。カニは、ほぐして酒とお砂糖を加えてテフロンのフライパンでから煎りします。玉子は、茹でて白身と黄色身にを分けて裏ごしをし、白身と黄色身をボールに入れて泡立て器でぽろぽろとなるように混ぜ合わせます。後は、すし飯を作って味付けをしたカニとぽろぽろの玉子を乗せて出来上がりです。
ニョッキさん、お試しください。

12

14

23:56

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1766-15fa5ba5

かうんたー

ポチッとしてね~♪

ぷろふ

ニョッキcafe

Author:ニョッキcafe
食はいのちとつながり
人とつながり
自然とつながり
地球とつながり
すべてとつながっている

最近、この言葉たちが心に深く響きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

きゅ~あ~る

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。