--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1736-1cee47b3

11

14

コメント

継承すべきもの・・・

いつもこのブログで登場する牡蠣の生産者である、
サロマの母さんが漬ける北海道の伝統食「飯寿し」。

その飯寿しは、最高の美味しさ!
実家でも昔は箱買いしたホッケを捌き漬けていたが、

もう20年以上も前の話・・・
その味をもう一度試したいが、親父に漬けてと頼んだら軽く却下↓笑

まぁ、少量であっても、これから毎年自分で漬けてみようと思います。
未来へ伝承するためにもね(^_-)

と言うわけで、、、
昨日は、牡蠣が始まり忙しいサロマの母さんにお願いして、

飯寿しの漬け方を習いに行ってきました!
今年は今でも良いホッケが手に入らないらしく、

しかも、失敗が少ないから、と言うか、下準備が簡単だから
鮭を使いなさ~い!!!との母さんのアドバイスでそうすることに・・・。

そのままで焼いて食べたくなるような、脂の乗った新巻鮭を2匹です!
食べられるまでに50日!!!

丁度、お正月です^^d
美味しくできると良いなぁ~♪♪♪

鱗を落とし皮付きのまま一口大に切り、お酒に一晩漬けた鮭。
まずは樽の底にキャベツを敷き詰め、皮を外側に向けて鮭をぐるりと並べます。
画像 078
一味を振り、ショウガを乗せ、さらにお酒、チェリー酢、お砂糖を混ぜた液もパラパラと。
画像 079
アツアツご飯に、麹、お砂糖、塩を合わせ冷ましたのをパラパラと。
画像 080
ニンジンとダイコンもパラパラと。
画像 081
そして再びキャベツ!このローテーションを繰り返します。
画像 082
漬かったら、母さんに味見をしてもらうためにまた来よう・・・^^
画像 086
はぁ~、待ち遠しい50日。
今回の樽は、母さんの親の代から使っていてしばらくは眠っていたというお古。

大切に使わせていただきます。
さて、明日からジワジワと重しを掛けまっせ^^d
関連記事
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1736-1cee47b3

かうんたー

ポチッとしてね~♪

ぷろふ

ニョッキcafe

Author:ニョッキcafe
食はいのちとつながり
人とつながり
自然とつながり
地球とつながり
すべてとつながっている

最近、この言葉たちが心に深く響きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

きゅ~あ~る

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。