--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻本さんへ

ホント、合掌です!
ありがとうございました。

そしてまたまた面白いことに、
辻本さんの、「その出会いが、まるで決められていたかのよう・・・」
というそのお言葉が、柿沼忍昭さんがおっしゃると、
「上から操られているから!」となるのです。
とらさんで丁度そんなお話しをされていました(笑

さらに、面白いのは、、、
「お世話をさせて頂く」というのは微妙なところもあって、
忍昭さん曰く、「お節介はほどほどに」となります。
何だかとても面白すぎます^^

辻本さんも、忍昭さんに会いたくなったでしょ(^_-)?

08

12

23:43

辻本

この数日間で多くの人に出会いましたね。その出会いが、まるで決められていたかのよう・・・ニョッキさんのお世話をさせて頂くという気持ちが多くの出会いに繋がっているのでしょうね。良き出会いに合掌。(精進料理ばんざーい。)

08

12

23:18

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1262-1b896ed9

08

12

コメント

ご縁と感謝☆富良野「道田家」その2@精進料理。

『心と身体にやさしい』精進料理づくり
    ~藤井まり先生の精進料理講習会~

精進料理とは・・・
「水一滴も、仏のおん命なり」
  基本的には「肉、魚、ねぎ、にら、にんにくなどを使わない、寺に伝わる野菜中心の料理。
 その根本精神は、殺生をしないこと」です。
 「ベジタリアン料理」と捕らえる方がいらっしゃるかもしれませんが、「殺生をしない」とは、
 その素材を無駄なく生かしきるという意味だと考えております。
 「精進する」とはサンスクリット語で「ヴィーリヤ」といい、悟りに向かって懸命に修業することを
 意味します。
 つまり仏教において、食事をし健康な体を保つことは一生懸命修業をすることでした。
 この仏教における食事観が守られ、伝えられてきているのが禅宗であり、その食事が
 精進料理なのです。(藤井まり先生~不識庵HPより引用。)

さて、今回のお献立は!
 1.人参ごはん(オレンジ色が鮮やかな栄養満点ごはん)
 2.鏡茄子汁
 3.ごま豆腐(精進料理の王様)
 4.高野豆腐の揚げ煮(揚げることでコクが増し、ボリュームのある1品です)
 5.生椎茸のあわびもどき(山の食材を海の食材に見立てる)
 6.じゃが芋の磯辺揚げ(蒲焼もどき)
 7.豆腐白玉(精進のデザート)

ここまででも十分過ぎるのにさらに・・・
何とアドリブで、人参の千切り油炒め&人参とモロッコ(豆)の白和えを追加。
ちなみに、磯辺揚げのじゃがいもは白滝の農一^^y

さてさて、この講習会でも富良野の多くの方々とも触れ合うことが出来ました。
みなさんパワフルなお方ばっかりで、さすが富良野って感じです!
頑張れ富良野!大好き富良野!

他には、現代農業8月号で発芽雑穀の記事が掲載された松家農園(東川町)さんも参加。
さらに、道田さんのご主人&ひろこさんとの出会いにも感謝です。
講習会は、午前と午後の2回に分けての開催でしたが、前夜から当日の講習会まで、

本当に道田家には大変お世話になりました。
必ずまた遊びに行きますから、よろしくお願いしますね*^^*
金曜日からの3日間・・・多くの方々とのご縁に心から感謝致します。

食(じゃがいも)を通じ、「食は心なり」であることをもっと広げたい。
そしてその事が、食と農業を考えるきっかけになって欲しい。
きっとその事がみんなを幸せにするから・・・。

この輪をもっと大きくし、未来へ繋げたい!
そんな事を、改めて深く感じた貴重な3日間でした。
みなさん、本当にありがとうございました。

あ!決めました!
鎌倉へ必ず修行へ行きます^^
じゃがいもを背負いながら・・・笑

20090811221116f03a.jpg

20090811220801f83a.jpg
200908112210069f3a.jpg
20090811220736b53a.jpg
CA392106a.jpg
CA392105a.jpg
CA392104a.jpg
CA392103a.jpg

関連記事
スポンサーサイト

辻本さんへ

ホント、合掌です!
ありがとうございました。

そしてまたまた面白いことに、
辻本さんの、「その出会いが、まるで決められていたかのよう・・・」
というそのお言葉が、柿沼忍昭さんがおっしゃると、
「上から操られているから!」となるのです。
とらさんで丁度そんなお話しをされていました(笑

さらに、面白いのは、、、
「お世話をさせて頂く」というのは微妙なところもあって、
忍昭さん曰く、「お節介はほどほどに」となります。
何だかとても面白すぎます^^

辻本さんも、忍昭さんに会いたくなったでしょ(^_-)?

08

12

23:43

辻本

この数日間で多くの人に出会いましたね。その出会いが、まるで決められていたかのよう・・・ニョッキさんのお世話をさせて頂くという気持ちが多くの出会いに繋がっているのでしょうね。良き出会いに合掌。(精進料理ばんざーい。)

08

12

23:18

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1262-1b896ed9

かうんたー

ポチッとしてね~♪

ぷろふ

ニョッキcafe

Author:ニョッキcafe
食はいのちとつながり
人とつながり
自然とつながり
地球とつながり
すべてとつながっている

最近、この言葉たちが心に深く響きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

きゅ~あ~る

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。