--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻本さんへ

食べるのは食べるでしょうが、自分のリスクを冒して、
牛舎に侵入して襲うというのは、極々希なケースだと思います。
本当に驚きました!
多分明日の道新朝刊に載ると思います。

さて実は、白小豆の一袋を山田の母さんにプレゼントしてきました!
早速、何か作るようでしたが週末であれば食べられませんね(>_<);
でも、未体験の黒小豆で今度是非何か作りましょう~^o^/
あ、じゃがいも全滅と言っていました(悲

08

06

00:18

辻本

ニョッキさん、今日はご苦労様でした。
まさか、熊が牛を食べるとは・・・驚きです。
自然がたくさんあると言う事は、思わぬ出来事もたくさんあるという事でですね。黒小豆・・持っています(遠軽産)。宮古島の黒小豆が一番高いようです。以前、ブログで「ふきゃぎ」と言う宮古島の郷土料理を掲載しました。塩で煮て甘くないおはぎです。所変われば・・・でしょうか。

08

06

00:05

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1250-6fb07e18

08

05

コメント

白小豆(しろあずき)。

今日「べにや長谷川商店」さんへ立ち寄ったら、
希少な「白小豆(300g)」が5袋も置いてあったので、速攻迷わず2袋ゲット!

白小豆と言えば、去年の秋に千歳の「花茶」さんで、
普通の小豆と白小豆の2種類のおはぎを食べ比べしたことを思い出した!

普通のよりはあっさり目で、用途が広いと思います。
甘くして食べてみたことはあるので、今度はいつものカレーへ是非入れてみた~い^^

さてさてこの白小豆は、幻とも呼ばれているほど希少なお豆。
巷では白手亡の小粒を白小豆として売っていることもあります。

さぁ、これはどうしていただきましょうかね~(^_-)y
お店の在庫は残り僅か、欲しいお方はお急ぎ下さいませ。

あ、ちなみに黒小豆も世の中には存在するんです!
それもいつかは、いただいてみたいですね!

CA392012a.jpg
CA392013a.jpg

そう言えば、参考までに・・・
長谷川父さん、白小豆はすぐ煮えると言ってたなぁ~。
関連記事
スポンサーサイト

辻本さんへ

食べるのは食べるでしょうが、自分のリスクを冒して、
牛舎に侵入して襲うというのは、極々希なケースだと思います。
本当に驚きました!
多分明日の道新朝刊に載ると思います。

さて実は、白小豆の一袋を山田の母さんにプレゼントしてきました!
早速、何か作るようでしたが週末であれば食べられませんね(>_<);
でも、未体験の黒小豆で今度是非何か作りましょう~^o^/
あ、じゃがいも全滅と言っていました(悲

08

06

00:18

辻本

ニョッキさん、今日はご苦労様でした。
まさか、熊が牛を食べるとは・・・驚きです。
自然がたくさんあると言う事は、思わぬ出来事もたくさんあるという事でですね。黒小豆・・持っています(遠軽産)。宮古島の黒小豆が一番高いようです。以前、ブログで「ふきゃぎ」と言う宮古島の郷土料理を掲載しました。塩で煮て甘くないおはぎです。所変われば・・・でしょうか。

08

06

00:05

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1250-6fb07e18

かうんたー

ポチッとしてね~♪

ぷろふ

ニョッキcafe

Author:ニョッキcafe
食はいのちとつながり
人とつながり
自然とつながり
地球とつながり
すべてとつながっている

最近、この言葉たちが心に深く響きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

きゅ~あ~る

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。