--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちかさんへ

やはり、こちら地域とのご縁も有るようですね^^

生田原も20年も経てば、かなり景色や町並みが
変わったと思いますから、是非遊びに来て下さ~い!

いつでも大歓迎で、お待ちしておりますよ~^o^/

08

05

20:47

ちか

この地図を拝見して、フムフム・・・。
昔、学生時代、生田原の福祉施設で2週間実習したことがを思い出しました。
それ以来(に、二十年(^^ゞ)、なかなか遠軽方面に出向く事が無かったのですね・・・・。

北見・遠軽方面出身の友人も沢山いました。
しばらく連絡をとっていませんが、みんな元気かな・・・と、トリップしてしまいました。
懐かしい・・・・。

08

05

09:45

辻本さんへ

鴻之舞に繁華街までもが有ったとは、
現在の景色からは全然想像が付かないですね。。。
金の他に、銅も鉄も、そして飛行機の原料となるチタニウムも
かなり埋もれていると父から聞きました。
芋掘り止めて、こっちを掘ってみますか?笑

08

05

07:49

まゆぞうさんへ

全部舗装ですよ~。
昔の峠道の脇を、
別ルートでトンネルが出来ました!

紋別方面がグンと近くなり、
滝上へも、浮島経由より早いかも?!

08

05

07:43

辻本

まだ、通ってないのですが。路盤材に会社の砂利を使っていただきました。何だか、懐かしいです。道路や橋、昔作った所を通ると懐かしいです。鴻之舞へは、小学校の見学旅行で行きました。映画館、商店、特に工場の近代的設備に驚いた事を思い出します。

08

05

07:42

まゆぞう

 金八峠って、もう砂利道じゃないってことですか?
だったら、今度とおってみようっと!

 

08

05

05:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1248-0402f8fa

08

04

コメント

ルートとルーツ?!

先日、丸瀬布の実家に寄り父を乗せ、開通したばかりの「金八トンネル」を抜けてみた。
道道で有っても、トンネル完成前は、グネグネ砂利道の金八峠(冬期通行止)。
対向車と交差さえできない山道・・・今までに数える程しか通ったことのない道でした。

父談によると・・・
と言うか、自分でも記憶が残っているのですが、バイクの燃料タンクに自分が乗り、
後部には母が乗り、父が運転して暗い夜道の金八峠を、
鴻之舞に住む父の弟に会いに行くために通ったのです。

でも、その中の記憶にない話を父が初めて教えてくれました。
カーブでトラックと出会い頭で事故りそうになって、
道路脇の山の斜面へ乗り上げて転んだと・・・?!?!?!そうだったんだ。。。
と言うしかないというか、今生きていることに感謝です。

さて、今度は白滝~紋別間が、従来の1時間20分から1時間程度に短縮されたし、
高規格道路が繋がれば、確実に交通量も多くなるでしょうね。
兎に角、みなさん交通安全を心掛けましょう^o^/
kinpachi.jpg

丸瀬布金山側の入り口。
CA391980a.jpg
金八先生とは無関係です(笑)。その昔、丸瀬布に居た女中さんのお名前だとか(父談)。
CA391981s.jpg
さて、トンネルを抜け10分程走ると「金」で一世を風靡した「鴻之舞(こうのまい)」です。
CA391983a.jpg
ここは映画劇場の跡。。。祖父が映画の大看板を書いていたそうです。
CA391984a.jpg
今は、事業所の宿舎らしきモノがあるだけで、一般住宅は無し。
CA391985a.jpg
父が入学した鴻之舞小学校。(3~5年生愛媛県新居浜、6年生丸瀬布金山小学校。)
CA391986a.jpg
祖父の仕事場辺り・・・。
CA391987a.jpg
金竜町と言うところに住んでいました。
CA391988a.jpg
紋別側の入り口。
CA391989a.jpg
帰り際、自分が6才まで住んでいた丸瀬布町金山へ!山の中腹に「金山銅山跡」。
CA391990a.jpg
5~6才の時住んでいた住宅は、寂しいけどもう無い。。。
CA391991a.jpg
0~4才まで住んでいた住宅も無い。。。
CA391992a.jpg

鴻之舞もそうであるように、人が住まなくなって数十年も経過すると、
かつて、そこに人が住んでいたという形跡すら見逃してしまうような景色に変わる。
増してそれ以上になると完全に見た目の形跡は、何かで残そうとしなければ消えていく。

これから何十年???
この景色や、今自分が居るところはどのようになっているのだろう。。。
懐かしさと寂しさが交差すると同時に、地方を疲弊、衰退させてはいけないと思った、
そんなプチドライブの一日でした。

関連記事
スポンサーサイト

ちかさんへ

やはり、こちら地域とのご縁も有るようですね^^

生田原も20年も経てば、かなり景色や町並みが
変わったと思いますから、是非遊びに来て下さ~い!

いつでも大歓迎で、お待ちしておりますよ~^o^/

08

05

20:47

ちか

この地図を拝見して、フムフム・・・。
昔、学生時代、生田原の福祉施設で2週間実習したことがを思い出しました。
それ以来(に、二十年(^^ゞ)、なかなか遠軽方面に出向く事が無かったのですね・・・・。

北見・遠軽方面出身の友人も沢山いました。
しばらく連絡をとっていませんが、みんな元気かな・・・と、トリップしてしまいました。
懐かしい・・・・。

08

05

09:45

辻本さんへ

鴻之舞に繁華街までもが有ったとは、
現在の景色からは全然想像が付かないですね。。。
金の他に、銅も鉄も、そして飛行機の原料となるチタニウムも
かなり埋もれていると父から聞きました。
芋掘り止めて、こっちを掘ってみますか?笑

08

05

07:49

まゆぞうさんへ

全部舗装ですよ~。
昔の峠道の脇を、
別ルートでトンネルが出来ました!

紋別方面がグンと近くなり、
滝上へも、浮島経由より早いかも?!

08

05

07:43

辻本

まだ、通ってないのですが。路盤材に会社の砂利を使っていただきました。何だか、懐かしいです。道路や橋、昔作った所を通ると懐かしいです。鴻之舞へは、小学校の見学旅行で行きました。映画館、商店、特に工場の近代的設備に驚いた事を思い出します。

08

05

07:42

まゆぞう

 金八峠って、もう砂利道じゃないってことですか?
だったら、今度とおってみようっと!

 

08

05

05:53

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://cheese5522.blog49.fc2.com/tb.php/1248-0402f8fa

かうんたー

ポチッとしてね~♪

ぷろふ

ニョッキcafe

Author:ニョッキcafe
食はいのちとつながり
人とつながり
自然とつながり
地球とつながり
すべてとつながっている

最近、この言葉たちが心に深く響きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さがす

きゅ~あ~る

QR

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。